市販されている育毛剤には、エタノールが配合されていることが多くあります。育毛剤の有効成分の中には水や他の成分に混ざりにくいものもあり、これらの成分を溶解させるため配合されています。また、エタノールには皮脂を溶かす働きもあります。頭皮の毛穴に皮脂汚れが残っていると有効成分があまり浸透しないので、エタノールで皮脂を溶かして有効成分を浸透させる働きもあります。
しかし乾燥肌の場合には、それが逆効果になることがあります。エタノールが頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまい、乾燥がますます進んでしまいます。そのため、乾燥肌の人にはエタノールフリーの育毛剤がおすすめです。40代以降になると20代や30代の若い世代に比べて皮脂の分泌が低下することが分かっています。皮脂の量が少なくなると頭皮も乾燥しやすくなりますから、育毛剤を選ぶ時にはエタノールフリーを選択するのが良さそうです。
それからパーマやカラーリングをしている人も、エタノールフリーの育毛剤の方が相性が良いと言われています。パーマの液やカラーリング剤がエタノールによって溶けてしまうからです。パーマやカラーの効果が弱まることが考えられますが、頭皮にも悪影響を与えてしまいます。頭皮のトラブルを招きやすくなり、パーマの液やカラーリング剤にアレルギー症状を起こしてしまうこともあります。ですから、パーマやカラーリングをしている人は、エタノールフリーの育毛剤を選ぶ必要があります。
育毛剤の旬な選び方│口コミランキングから効果を紐解く!はこちら